thumbnail

SHARP AQUOS 有機ELテレビ 4T-C55DQ1 を購入

2022年はじめの大きな出来事、テレビの買い替え。


10年超使っていた液晶テレビを買い替えました。

壊れたとか、そういう理由ではないのですが、

Apple TVを新しくしたら、それが「4K」対応のもので、

せっかく「4K」になるのならば、テレビも「4K」にしてみようか、

と、ふと思い、ショッピングサイトを見ると、

ちょうど、初売りセールで、おトクな商品を見つけたので、

思わず買ってしまったという次第です。


普通ならば、店舗に行って、実物をじっくり見て検討するのですが、

このときは、ネットを見て、ネットにある情報で検討をして、

1時間もかけずに、購入ボタンに行き着きました。


今まで使っていたのは、

SHARPのAQUOSで、46型の液晶テレビ。

当時25万円ぐらいで購入したもので、

大型の液晶テレビがお手頃価格に落ち着き始めた頃だったはずで、

当時としてはコスパ的にお買い得な買い物をしたつもりでした。


今回もSHARPのAQUOSで、有機EL・55型のテレビ、17万円。

品番は「SHARP AQUOS 有機ELテレビ 4T-C55DQ1」。

普通の液晶テレビではなく、有機ELテレビに!


有機ELではなく、普通の液晶テレビならば、

このサイズでも10万円台前半で買えてしまいます。

10年も経つと、価格も性能も、かなり変化があると感じました。


注文して2−3日ほどして、TVが到着。

配送スタッフさんが古いTVを外に運び出し、

入れ替わりに新しいTVを設置して終了。

作業時間は10分ぐらい。


TVのスイッチを初めてつけると「Android TV」と大きく表示。

GoogleのIDやWifiなど、スマホのセットアップのような設定を次々としていきます。

いつの間にか、TVって、こんな感じになってしまったんですね。

そして、リモコンには「YouTube」「Amazon Prime」などの動画配信サービスのボタンが

付いていて、そのままアクセスできます。


スマホのホーム画面のようなものが、

メインに出て、テレビやそれ以外のアプリに行き来すると、

普段遣いとしては少々うるさい感じがするのかと思っていましたが、

使い初めてみると、テレビモードから始まる感じで操作できました。




余談 1)

リモコンにマイクがあり、

「OK、Google」と呼んでから、「天気は?」と尋ねれば、

調べて、TVに表示して、読み上げてくれるのですが、

初日しか、やりませんでしたね。。。



余談 2)

買ってから2-3日後、購入したサイトを見ると、

同じテレビが171700円の売値になっていて、10%ぐらい上がっていました。

それから数日してふたたびサイトを見ると、207,900円に!

初売り価格だったのでしょうかね。


いい買い物になることを祈ります。


thumbnail

5レグ 東京(羽田)⇒沖縄(那覇) / JAL925【2021年の搭乗メモ】

沖縄は雨。 | 5レグ 東京(羽田)⇒沖縄(那覇) / JAL925【2021年の搭乗メモ】
沖縄は雨。

5レグ / 2021-04 / JAL925(JL0925) / 東京(羽田)=沖縄(那覇)


  1. 回数: 5レグ
  2. 搭乗日: 2021-04-22
  3. 搭乗便: JAL925(JL0925) HND=OKA 19:55-22:40
  4. 機種: B767-346
  5. 機体: JA8980
  6. 搭乗席: クラスJ
  7. IN時間: 19:37 / OUT時間:22:42 / 機中時間:3:05


搭乗実績データ


  1. 運賃:先得割引-タイプA, 7,410円
  2. 区間マイル: 984マイル 東京(羽田)=沖縄(那覇)
  3. Fly On ポイント: 1,672ポイント
  4. 獲得マイル: 2,269マイル(ボーナスマイル含む)

thumbnail

4レグ 札幌(千歳)⇒東京(羽田) / JAL526【2021年の搭乗メモ】

札幌の搭乗口はANAとJALの共用なので、間隔テープがこんな感じに。 | 4レグ 札幌(千歳)⇒東京(羽田) / JAL526【2021年の搭乗メモ】
札幌の搭乗口はANAとJALの共用なので、間隔テープがこんな感じに。

4レグ / 2021-04 / JAL526(JL0526) / 札幌(千歳)=東京(羽田)


  1. 回数: 4レグ
  2. 搭乗日: 2021-04-15
  3. 搭乗便: JAL526(JL0526) CTS=HND 20:10-21:45
  4. 機種: A350-941
  5. 機体: JA06XJ
  6. 搭乗席: クラスJ
  7. IN時間: 19:55 / OUT時間:21:51 / 機中時間:1:56


搭乗実績データ


  1. 運賃:特便割引21-タイプE, 25,260円
  2. 区間マイル: 510マイル 札幌(千歳)=東京(羽田))
  3. Fly On ポイント: 1,268ポイント
  4. 獲得マイル: 1,098マイル(ボーナスマイル含む)

thumbnail

3レグ 名古屋(中部)⇒札幌(千歳) / JAL3117【2021年の搭乗メモ】

この時期のこのフライトは、日の入りを見ることができます。 | 3レグ 名古屋(中部)⇒札幌(千歳) / JAL3117【2021年の搭乗メモ】
この時期のこのフライトは、日の入りを見ることができます。

3レグ / 2021-04 / JAL3117(JL3117) / 名古屋(中部)=札幌(千歳)


  1. 回数: 3レグ
  2. 搭乗日: 2021-04-15
  3. 搭乗便: JAL3117(JL3117) NGO=CTS 17:00-18:40
  4. 機種: B737-846
  5. 機体: JA340J
  6. 搭乗席: クラスJ
  7. IN時間: 16:41 / OUT時間:18:39 / 機中時間:1:59
  8. 離発着: 名古屋18(中部) 札幌(千歳)01


搭乗実績データ


  1. 運賃:特便割引21-タイプE, 12,610円
  2. 区間マイル: 614マイル(名古屋(中部)=札幌(千歳))
  3. Fly On ポイント: 1,444ポイント
  4. 獲得マイル: 1,301マイル(ボーナスマイル含む)

thumbnail

2レグ 沖縄(那覇)⇒名古屋(中部) / JTA042【2021年の搭乗メモ】

久しぶりの沖止め | 2レグ 沖縄(那覇)⇒名古屋(中部) / JTA042【2021年の搭乗メモ】
沖止めで久しぶりタラップ。

2レグ / 2021-04 / JTA042(NU0042) / 沖縄(那覇)=名古屋(中部)


  1. 回数: 2レグ
  2. 搭乗日: 2021-04-15
  3. 搭乗便: JTA042(NU0042) OKA=NGO 12:10-14:15
  4. 機種: B737-8Q3
  5. 機体: JA10RK
  6. 搭乗席: クラスJ
  7. IN時間: 11:54 / OUT時間:14:06 / 機中時間:2:12
  8. 離発着: 沖縄36R 名古屋18


搭乗実績データ


  1. 運賃:特便割引21-タイプE, 13,060円
  2. 区間マイル: 809マイル(沖縄(那覇)=名古屋(中部))
  3. Fly On ポイント: 1,776ポイント
  4. 獲得マイル: 1,682マイル(ボーナスマイル含む)

thumbnail

ナショナルジオグラフィックを見るためにDisney+に加入

ここ数年間、Huluに加入していて、映画などを見るのに使っていました。

Huluにライブチャンネルとして配信されているナショナルジオグラフィックTVが気に入っていて、とくに「メーデー!」という航空機事故を特集した番組をよく見ていました。

ところが、このナショナルジオグラフィックTVは、Huluでの配信が2021年9月30日に終了することになってしまいました。ナショナルジオグラフィックTVだけでなく、同系列のFOXチャネルも配信終了に。

公式的なはっきりとした理由もなく、唐突の配信停止でビックリして、調べてみると、米国Huluの親会社はDisney(いつのまにか?)で、DisneyがHuluと同じような動画配信サービスであるDisney+を2019年に始めて、2021年にSTARという新しい配信チャネルをDisney+に立ち上げて、ここにスポーツ中継や傘下のFOXなどのコンテンツを順次拡大して供給していくということです。徐々にHulu自体をフェイドアウトさせるのではないかと想像します。日本の場合のHuluは、民間TV局が集まって運営していて、独自のコンテンツ供給もあるので、この世界的なHuluの変化とは、少し離れた形で影響を受けると思いますが、ナショナルジオグラフィックTVのようなHuluへの配信の契約が切れると、日本でも配信が止まってしまう、ということが起きてしまったのではないでしょうか。

何にしても、HuluでナショナルジオグラフィックTVの「メーデー!」が見れなくなったという事実は変わりません。

Hulu以外で、ナショナルジオグラフィックTVを日本で見る方法を調べてみると、「スカパーに加入」「J:COMに加入」「ひかりTVなどのIPTVに加入」の方法があります。今は、HuluはじめAmazonプライムやApple TV+が使えるので、映画は現状の環境で十分。見たいのはナショナルジオグラフィックTVだけで、そのために新たに何十チャネルも見れる環境が増えるのは、正直いらない。もっとも、住んでいる物件の関係で、衛星アンテナ・ケーブルテレビ・1G以上の光高速回線が使えないので、これらの方法すらできないのが現状です。

もう少し調べてみたら、さきほどのDisney+に、ナショナルジオグラフィックのコンテンツが提供されていることを見つけました。しかし、このナショナルジオグラフィックのコンテンツは、ナショナルジオグラフィックTVのライブ配信ではなく、オンデマンド型の配信で今まで見ていたのとは違うし、しかもDisney+に提供されているコンテンツの中に「メーデー!」が入っていない模様。(加入前に、配信コンテンツ一覧を見るかぎり。)

Disney+は加入初月は無料(2021年10月まで。それ以降はなくなるらしい)というので、まずは加入してみました。加入するにあたり、なぜかドコモもdアカウントを作成しないといけない。私が使っているのは、ドコモ以外のケータイ会社なので、ちょっとしたアウェイ感を感じつつ、dアカウントを作成。そして、次にDisney+のアカウントを作成。支払い方法などの設定をして、10分程で加入手続き終了。dアカウントが必須なのも2021年10月までらしく、以降は直接Disney+のアカウント作成ができるようになるみたいです。

Disney+のアプリをダウンロードして視聴開始。

ディズニー映画のほかに、ピクサーやスター・ウォーズなどの映画があり、これらは今までHuluやAmazomプライムでは普通には見ることができなかったので、なんだか別世界に入った感じです。

そして、お目当てのナショナルジオグラフィック。「メーデー!」があるかどうかを確認してみると、やはりありませんでした。。。。

スター・ウォーズのThe Mandalorianを見て、楽しむことにします。




thumbnail

1レグ 東京(羽田)⇒沖縄(那覇) / JAL901【2021年の搭乗メモ】

ラウンジでのアイス提供が始まっていました | 1レグ 東京(羽田)⇒沖縄(那覇) / JAL901【2021年の搭乗メモ】
ラウンジでのアイス提供が始まっていました

1レグ / 2021-04 / JAL901(JL0901) / 東京(羽田)=沖縄(那覇)


  1. 回数: 1レグ
  2. 搭乗日: 2021-04-15
  3. 搭乗便: JAL901(JL0901) HND=OKA 7:30-10:25
  4. 機種: A350-941
  5. 機体: JA02XJ
  6. 搭乗席: クラスJ
  7. IN時間: 07:10 / OUT時間:10:23 / 機中時間:3:13


搭乗実績データ


  1. 運賃:特便割引21-タイプE, 11,010円
  2. 区間マイル: 984マイル(東京(羽田)=沖縄(那覇))
  3. Fly On ポイント: 2,072ポイント
  4. 獲得マイル: 2,023マイル(ボーナスマイル含む)


機内エンタメ


  1. JAL名人会 漫才・夢路いとし&喜味こいし
  2. JAL名人会 落語・桂春團治「祝いのし」

thumbnail

6レグ 沖縄(那覇)⇒東京(羽田) / JAL900【2020年の搭乗メモ】

6レグ 沖縄(那覇)⇒東京(羽田) / JAL900【2020年の搭乗メモ】
早朝から整備ありがとうございます

6レグ / 2020-11 / JAL900(JL0900) / 沖縄(那覇)=東京(羽田)


  1. 回数: 6レグ
  2. 搭乗日: 2020-11-04
  3. 搭乗便: JAL900(JL0900) OKA=OKA 7:30-9:40
  4. 機種: Boeing767-346
  5. 機体: JA8980
  6. 搭乗席: 普通席
  7. IN時間: 07:10 / OUT時間:09:36 / 機中時間:2:26


搭乗実績データ


  1. 運賃:個人包括旅行運賃(GoTo利用のためJALパック), 11,000円
  2. 区間マイル: 984マイル(東京(羽田)=沖縄(那覇))
  3. Fly On ポイント: 984ポイント
  4. 獲得マイル: 1,624マイル(ボーナスマイル含む)

thumbnail

Googleフォトの「共有」時のストレージ問題

我が家では、
Googleフォト(以前は「Picasa」と言っていた)の登場したころから使っていて、
旅行写真などの日常写真は、すべてGoogleフォトに入っています。
「場所」「人」「対象物」「画像に表示されている文字」などの検索ができ、なかなか便利。


Googleフォトは、容量関係なく保存でき、基本的には無料で長らく使えていましたが、
2021 年6月より、写真・動画ファイルサイズがカウントされるようになり、
無料ストレージ容量である15GBを超える場合には、
有料のストレージ・プランを利用するようになりました。


この有料化に伴い、ちょっと困ったことに。



Googleフォトで写真ファイルサイズがダブルカウントされる

我が家でのGoogleフォトでの管理方法は、こんな感じです。

(以前の写真の管理方法)

  1. 各自のアカウントでGoogleフォトにアップロード
  2. 受け渡し用の写真アルバムを作成し、家族共有のアカウントを共有先にする
  3. 家族共有のアカウントで、その共有アルバムの写真を自分のところに保存して、保存用アルバムを作成し、格納する。


有料化以降、上の方法で行うと、
各自のアカウントと家族共有のアカウントそれぞれで
同じ写真のファイルサイズがカウントされてしまうのです。


一つの旅行で撮る写真がだいたい4GBぐらいあるので、
各自のアカウントと家族共有のアカウントで、計8GBのストレージ容量を消費することに。
なんだかもったいない。



試行1)共有フォルダに直接アップロード

(試行1の写真の管理方法)

  1. 家族共有のアカウントで保存用アルバムを作成し、各自のアカウントを共有先にする
  2. 各自のアカウントで、保存用アルバムにアップロード


この方法では、写真のファイルサイズは、各自のアカウントのみでカウントされ、
家族共有のアカウント側では、ストレージを消費しない。


しかし、一つ問題が。


「保存」しないと、検索対象にならない

各自のアカウント側でアップロードした写真は、家族共有のアカウントでの検索の対象にはならないようで、検索してもその写真表示されない。「アルバム」上では写真は表示されるが、「フォト」タブには、その写真が存在しない。



試行2)試行1の写真を保存するとストレージ容量は使用しない?

(試行2の写真の管理方法)

  1. 家族共有のアカウントで保存用アルバムを作成し、各自のアカウントを共有先にする
  2. 各自のアカウントで、保存用アルバムにアップロード
  3. (上は試行1のまま)
  4. 家族共有のアカウントで保存用アルバム内の写真を「保存」

この作業の結果は、検索できるようになりました。

しかし、自分のストレージ容量を消費してしまっています。


最初の状態と変わらない。


結局、

  • 検索できないが、ストレージ容量は一つのアカウントのみで消費
  • 検索できるが、ストレージ容量はダブルで消費

の2つしか選択肢がなく、
「検索」を諦めるかどうか、ということでしょうか。



共有パートナーの写真を保存した場合はストレージを消費しない

Googleフォト内の説明をいろいろと見ていたら、お互いの写真を共有できる「共有パートナー」アカウントを設定すると、相手方の写真を保存しても、自分のストレージ容量を消費しない、という説明を見つけました。

パートナーとの共有から写真を保存しても、自分のストレージ容量を使用することはありません。ただし、共有パートナーが写真の共有を停止した場合や、元の写真を削除した場合は除きます。

しかし、
いろいろと試してみましたが、
これはアカウント同士で「共有パートナー」の設定をしている場合のみ有効のようで、単なる写真やアルバムレベルの「共有」の設定で「保存」すると、普通にお互いのストレージ消費になってしまうようです。


thumbnail

なかなかの秀作「マリオゴルフ スーパーラッシュ」

2021年6月25日に販売された、Nintendo Switch用ソフト「マリオゴルフ スーパーラッシュ」。

なかなかの秀作でした。

ゴルフゲームを購入したのは、ファミコンやスーパーファミコン時代のゴルフ以来で、それらと比べると、当然ながら、画面のキレイさは格段にあがり、ゲームとしても面白さもしっかりと入っています。

本物のゴルフ経験のない人でも、ゴルフルールなどの基本的なことのレクチャーがあり、また、ふさわしいクラブが自動的に選択され、力の入れぐらいと目安距離がゲージに表示されるので、ボタンを押していけばよく、思っていたよりもサクサクと進みめます。また、Joy-conを使ったスウイング操作も、感覚的に操作できるので、ストレス少なく、ゲームができます。

自分自身のMiiをつかった「アドベンチャーモード」は、課題をクリアして経験値を集めて、能力を上げて、オリジナルキャラを作ることができる。最初はラクにクリアできていた課題が、途中から急に難易度があがり、きちんと練習をしておかないといけない。しかし、これをやっていると、それなりに感覚やタイミングの鍛錬になり、ゲームのスコアもよくなってくる。Miiでのゴルフプレイに慣れると、マリアなどのキャラでゴルフプレイをすると、パワーやコントロールの感覚が違い、「このぐらいの向きで入ったはず」というようなことが何度かあり、要注意。

「スピードゴルフ」「カップ争奪戦」が、従来のゴルフゲームと違い、ゴルフボールをただ打つだけでなく、ボールのあるところまでキャラを走らせ、アクション性のあるゲームになっている。「打つ」に集中する通常時と違い、「走り」「打つ」にという感じで、アバウトで打ちつつ、最後のカップインで正確さで調整という感じ。

ちょっと残念なのが、Joy-conを使ったスウイング操作。細かいパワー調整、トップスピンやバックスピンはできず、基本的に通常のコントローラー操作でないと、本格的にゲームができない。また、スウイング操作でプレイできるゲーム場面が少ない。Joy-conだけでは「走り」はできないからね。

thumbnail

Boseイヤフォン・ヘッドフォン製品は Apple Musicの空間オーディオを聴ける?

 Apple Musicが、2021年6月から空間オーディオでの提供を開始しました。(同時に、ロスレス、ハイレゾ対応もはじめました)

「空間オーディオ」での音楽は、より高品質での音が楽しめるようになったもので、臨場感のある3Dサウンドとなります。モノラルからステレオに変わるぐらい、音の空間性が向上するものです。

Appleの説明によれば、この「空間オーディオ」を楽しむには、

AirPods、AirPods Pro、AirPods Max、Beatsヘッドフォン、Appleデバイス接続の対応出力先

とされています。

自分は、Apple系のヘッドフォンは持っておらず、Boseのを持っていて、それで、この「空間オーディオ」を楽しむことができるのか気になり、調べてみました。



「Dolby Atmos:ドルビーアトモス」形式とは?

このAppleの「空間オーディオ」は、「Dolby Atmos:ドルビーアトモス」規格のこと。

ドルビーアトモス(Dolby Atmos)とは、ドルビーラボラトリーズ(Dolby Laboratories, Inc.)が開発したオブジェクトオーディオに基づくサラウンド記録再生方式である。様々なデバイス向けに規格が用意されている。映画館用の規格は、従来の制作時にミキシングを行う方式ではなく、ミキシング前の三次元位置情報(パン情報)が含まれたマルチトラック(128本)を再生側でミックスして出力する方式である

ずいぶん前に規格化されたもので、映画館やテレビ、サウンドバーには採用されているものもいくつかあるようです。

「Dolby Atmos:ドルビーアトモス」は、音の空間情報も記録されていて、再生時に、それが臨場感となって体験できるようになるという仕組み。

もとの音源が、「Dolby Atmos:ドルビーアトモス」形式で録音されていないと、再生対応機器であっても、空間オーディオにはならない。



Bose QuietComfort EarbudsはDolby Atmosに対応?

よく使うBose QuietComfort EarbudsとBose QuietComfort 25 が、「Dolby Atmos:ドルビーアトモス」に対応しているかどうか。

調べてみると、

Bose QuietComfort 25 は有線接続だから、iPhoneで再生すれば、「空間オーディオ」を体験できる?

Bose QuietComfort Earbudsは、「Hi-Fiオーディオ」に対応しているが、「Dolby Atmos:ドルビーアトモス」に対応しているかどうかまではわからない。

ためしに、iPhone側でDolby Atmosのオン・オフを切り替えて、音楽の再生をしてみると、Dolby Atmosをオンにすると、音量が弱くなり、なんだかぼやけた感じに。Bose QuietComfort Earbudsが対応していないということか?



ロスレス/ハイレゾ対応は有線接続でないと意味がない

Appleの「空間オーディオ」と同時に始まったロスレス/ハイレゾ対応のことを調べてみると、ここで意外な事実に遭遇。

ロスレス/ハイレゾ対応は、従来の44.1kHz/16bitから最大192kHz/24bitに情報量を増やし、元の音源レベルに近い音を再生できること。

ところが、Bose QuietComfort Earbudsなどで無線接続する場合、Bluetooth接続で、接続コーデックがAACとなるため、ハイレゾ音源を再生しても「44.1kHz/16bit」に変換されてしまうようです。AppleのAirPods、AirPods Pro、AirPods Maxも、AACで接続されれば「48kHz/16bit」での再生は可能らしいですが、ワイヤレス接続の際に圧縮をかけてしまうので、ハイレゾレベルではないとか。。

ハイレゾを楽しむためには、有線接続のイヤホン/ヘッドフォン(またはスピーカー)にする必要があります。

線がなくてすっきりなワイヤレスの快適さを捨てるのは、ちょっと。。。



「ヘッド・トラッキング」機能は、Appleヘッドフォン・イヤホンでないと無理か?

Appleの「空間オーディオ」と併せて、「ヘッド・トラッキング」機能が登場する予定で、頭の方向や場所に応じて、音が変化するようになるらしいです。

これを行うために、頭の位置情報が必要なので、AirPods、AirPods Pro、AirPods Maxでないと本領が発揮できない。



今回のApple Musicの音楽革命は、今の私の音楽デバイス環境では、まったく恩恵をうけないことがわかりました。

AirPods Maxにしますかね。。。


thumbnail

SoftBank 光 から約40,000円のキャッシュバック

 SoftBank 光 から約40,000円のキャッシュバックの郵便為替が届く。

SoftBank 光 から約40,000円のキャッシュバック


「SoftBank 光 ハッピーウィンター」(20,000円)「SoftBank 光 はじめよう!工事費サポートキャンペーン」(24,000円)の特典のキャッシュバックで、家のインターネット回線をソフトバンク光に変更し、使用開始してから5ヶ月目での発送。

「SoftBank 光 はじめよう!工事費サポートキャンペーン」(24,000円)は、開通工事費の負担分のキャッシュバックで、それに相当する開通工事費の請求が来ていないように思っていたが、毎月の請求内容をよく見ると「SoftBank 光 開通工事費:1,100  円」が毎月発生していた。これが24ヶ月続く?


SoftBank 光 に変更してから、もう5ヶ月!

以前は、e-mobile(現Y!モバイル)のポケットwifi契約時におまけで付いてきた 永年無料のADSLを使用していたが、それが2021年6月に終了するというので、昨年末頃から切り替え先を探して、年明けに切り替えを実施。

ADSLから光への変更は、速度はかなり違う。とくにアップロードが劇的に変わった。ファイルをサイトに上げるのに、以前はmax2Mぐらいで、小さなファイルを送るのにも、いつ終わるのかもわからない状態だったが、それがサクサクとアップロードされるようになり、ストレスが少ない。

ただ、「光」といっても、マンション内はVDSLなので疑似光回線で、最大速度は100M。完全光回線ならば数百Mはスピードが出て、同じ料金。いつか完全光回線に切り替えてほしい。