Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


iDeCo運用商品の除外に関するご案内の対応

iDeCo運用商品の除外に関するご案内が突然届く。

確定拠出年金の法律が変わり、「運用商品数を35以下にする」というルールとなり、 利用しているSBI証券のiDeCoでは、現在67の商品があり、半数近くが除外されるようになる。
(なお、すぐに除外されるわけではなく、今後5年ほどかけて対応される)

拠出・運用している商品のうち、
  1. グローバル・ソブリン・オープン(DC年金)
  2. 野村世界REITインデックスファンド(確定拠出年金向け)
が除外対象に含まれていた。

除外開始までまだまだ期間はあるが、あとになるほど、そういう除外手続きで「売り」圧力になる可能性もあるので、 穏やかな今の時期に、この分の拠出先の振替とスイッチングを行うことにする。
なるべく同じ分類にしたいため、以下のように変更する。

グローバル・ソブリン・オープン(DC年金)

野村外国債券インデックスファンドDC


野村世界REITインデックスファンド(確定拠出年金向け)

三井住友・DC外国リートインデックスファンド


各商品の基準価額の騰落率
グローバル・ソブリン・オープン(DC年金)
3ヶ月:-0.12
6ヶ月:-1.41
1年:-1.25
3年:-2.56
5年:2.41

野村外国債券インデックスファンドDC
3ヶ月:-0.45
6ヶ月:-1.22
1年:0.06
3年:-2.09
5年:3.45

野村世界REITインデックスファンド(確定拠出年金向け)
3ヶ月:7.77
6ヶ月:5.33
1年:2.95
3年:1.07
5年:8.79

三井住友・DC外国リートインデックスファンド
3ヶ月:8.15
6ヶ月:5.53
1年:2.60
3年:-
5年:-


海外債券のは、従来よりも運用利回りが良くなるかもしれない。
海外REITは、それほど変わらず。


All Rights Reserved by KoM note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.