Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


カーネルパニックの修理費7万円。Apple Care修理費が免除。

今回のMacBookの不具合は、 結局のところ、ロジックボードの具合が悪いらしく、 基盤の交換ということになった。

そして、ようやく修理から戻ってきた。

ネットを調べると、Macの修理は、1週間前後かかることが多いそうだ。

今回の修理で要した日数を紹介すると、

・1月3日にAppleの修理サポートへ行く。

・当初は、OSの再インストールでこの不具合が済むということで、サポートに機器を預けてインストールしてもらい、翌日の朝には仕上がるということだった。

・その後、サポートよりTELがあり、基盤の問題だという。基盤の交換作業が必要となり、1月15日には仕上がる予定とのこと。

・1月8日の夕方には、修理終了の連絡をいただく。



修理明細をみると、

部品番号:661-04733
部品名:Logic Board, 1.2GHz, 512 GB, ETSI

部品番号:J661-04884
部品名:Top Case with Keyboard, Rose Gold, Japanese-Kanji Logic Board, 1.2GHz, 512 GB, ETSI

の二つが交換されている。

今回のカーネルパニックの対処は、最初のロジックボードで、 2つ目の部品は、キーボードの一部分が反応が鈍く、その対応。

どうせ修理をするのならば、このキーボードの対応も行ってもらうおうと思っていたのだが、 修理に機器を渡すときに、うっかり言い忘れていたものの、 言わずとも、対応してもらうところが、「さすが、Apple」と思ってしまった。


以上の修理で、計7万円+税金。

購入時に、Apple Careに加入していたので、それが免除。

保険の意味でも、Apple Careに入っておいた方がよいと実感した。 たしか、このMacBookのApple Careは3年間保証で2万円ぐらいだから、 今回の修理だけでも十分もとは取れている。


なお、
基盤の交換で、データはすべてなくなっている。

Time Machineでデータバックアップしておいてあるので、それを使って、すぐに復元。 この辺は、Windowsと違い、非常に便利さを感じる。

ふと思ったのは、
この修理で、残っているのは、バッテリーと画面ぐらいで、 ボード交換せずに、新品のMacを依頼者に渡した方が早いのではないか?と思ってしまった。


All Rights Reserved by KoM note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.