Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


アメリカ・ニューヨーク旅程(2015年10月)

2015年10月にアメリカ・ニューヨークを訪れた時の旅程メモ。

アメリカ・ニューヨーク旅程(2015年10月)




1日目:「Shake Shack(シェイク シャック)」を味わう


日本航空・JALのJL004便にて、成田→アメリカ・JFK。成田を18時に発ち、同じ日の18時にNYに着く。飛行機は18時頃に着陸していたが、搭乗口まで飛行機が移動するのに時間を要する。そして入国審査の有人窓口が長蛇の列。二度目以降の米国入国の場合、ESTAをもっていれば、機械での対応が可能で、そこで手続きすると10分ほどで済んでしまう。出口で、今回の旅行を一緒にするY氏と待ち合わせ。別の飛行機で、さきに着いている。そのはずが、待ち合わせのところにいない。2Fの出発ロビーなどを探すがいない。電話でもするかと思ったら、出会えた。Y氏は1時間早く着陸していたが、入国審査で1時間もかかっていたという。「SuperShuttle」という乗り合いタクシーで、空港からマンハッタンへ移動。他の人を降ろしていき、約1時間後にホテル「Row NYC Hotel (ロー NYC ホテル)」に到着。チェックイン。意外にもモダンなホテル。連泊だからか、多少広めの部屋に。その後、ホテル近くを探索。歩いてスグにタイムズスクエア。泊まって気づいたが、ホテルの立地がかなりいい。ホテル近くの人気ハンバーガー屋「Shake Shack(シェイク シャック)」で夕食をとることにする。お店の前に、かなり長い行列ができている。今人気のあるのハンバーガー屋。この旅行から日本に戻ると、「Shake Shack」が青山に出店してきた。



2日目:ふたたび「Shake Shack(シェイク シャック)」


朝4時ぐらいに一回起きて、気づくと8時。時差ぼけ?起きて、着替えて、外へ。タイムズスクエア、5番街など歩きながら北上する。ヒルトンホテルにあるHISで、「NewYork Pass」というツーリストパスのこと、夜のライブ場所のことを相談してみる。どれも対応できない。近くにある人気カフェ「Ninth Street Espresso(ナインス ストリート エスプレッソ) 」にて朝食。コーヒーとマフィンの簡単朝食。さらに歩いて、北上する。セントラルパークに入る。パーク内を散歩。週末の公園を楽しむ人たち。途中、リスに出会う。パーク内は、思った以上に広く。けっこう楽しめる。「The Metropolitan Museum of Art (メトロポリタン美術館)」へ。受付の人に聞いたら、入場料$25とあるが、これは任意の金額。じつはタダでも入れてしまう。かなりの収蔵量。1時間ぐらいでは全ては見れない。エジプトの途中と、アメリカのダイジェストを見て終わる。その他のアジアの展示物などは、見ていない。この美術館は、再び来て、しっかり見ておきたい。美術館を出て、アートの露店があり、そのうちの一つでお土産を購入。1つで$15、2つで$20。購入して、さらに北上。「Guggenheim Museum(グッゲンハイム美術館) 」にたどり着く。企画展では、前衛的な作品。ある程度、作品の雰囲気がわかると、似たような作風の作品が多く、あまり変化がなく、少し飽きてくる。この企画展以外には、常設展、カンデンスキーの作品など。メトロポリタン美術館と比べれば展示量が少ないので、サクッと見れる。セントラルパークを西へ歩く。「Dakota Apartments(ダコタ・ハウス)」が見えてきた。辿り着くと、ダコタハウスは改装中。建物全体が工事用の囲いに覆われている。その前の屋台で、ホットドッグで昼食。Y氏が、注文したのと別のものが供されたようで、食べるのを放棄。地下鉄を乗り、「Penn Station (ペンシルバニア駅) 」へ。そこから「LIRR:Long Island Rail Road(ロングアイランド鉄道)」に乗って、「Westbury(ウェストベリー) 」に行く。今回のNY訪問の目的の一つ「Frankie Valli」のライブを聴きに、「NYCB Theatre at Westbury(ウェストベリーNYCBシアター)」へいく。マンハッタン島から約1時間。JFK空港よりも、さらに東にある地域。駅に着き、たまたま停まっていたタクシーで、ライブ会場である「NYCB Theatre at Westbury(ウェストベリーNYCBシアター)」へ。駅から10分ほどで着く。思っていたよりも近い場所。18時開場で、まだ17時30分ぐらい。入り口前で待つ。年齢層高い人たちが集まってくる。だだ広い駐車場。18時になり、会場の中へ。大きな荷物はチェックされ、大きなカメラは預けられる。中で、軽食コーナーがあり、各自飲んだり、食べたり。とりあえずホットココア。18時になり、ライブ始まる。最初に前座のコメディアンの人が30分ほど。その後「Frankie Valli」のライブが始まる。この人は2時間、歌いっぱなし。あとで調べたら80歳を超えている。終わったのは21時30分。外に出ると、車が多数並んでいて、乗り合いタクシーを見つける。3組で乗っていく。一人$5ドル。21時45分ぐらいに駅に着き、22時ぐらいの列車でマンハッタンへ。23時近くにホテルの近くに着く。昨晩と同じ、人気ハンバーガー屋「Shake Shack(シェイク シャック)」へ。今回バーガーのダブルにしてみると、肉肉しい。シングルの方があっさり。0時ぐらいに寝る。



3日目:ステーキ屋「Peter Luger Steak House(ピータールーガー ステーキハウス)」で熟成肉を味わう


朝3時頃起きて、Work。この時間は日本は夕方の5時ぐらい。確認事項のメールなど。朝7時にいろいろ準備。朝8時30分にホテルを出る。ホテルのロビーは、旅行客でいっぱい。「NewYork Pass」のインフォメーションセンターを探して、タイムズスクエアあたりをウロウロする。最初、見つからなかったが、探索して、見つける。しかし、なぜか二人のクレジットカードが使えず、買うのを断念。結局、この段階で買わなくて正解であった。地下鉄で北上。アッパーウエストサイドのエリアへ。「 Zabar's (ゼイバーズ)」という、成城石井のようなお店で、お土産を購入。チーズやオリーブ、ハム類が豊富。しかし、それらをお土産にできないのが残念。隣の「 Zabar's (ゼイバーズ)」のカフェで朝食。一旦、ホテルに戻り、荷物を置く。市内観光ツアー「THE RIDE NYC (ザ・ライド)」(割引価格$55)とステーキ屋「Peter Luger Steak House(ピータールーガー ステーキハウス)」を予約。地下鉄で、南へ下る。この時なって初めて、ホテルが地下鉄の駅に近いことを知る。ホテル出てすぐのところに、地下への階段がある。あまりに階段が小さく、何かの建物の地下に行く階段かと思ったら、地下鉄に通じる階段だった。新宿のサブナードのようにひろがっている。地下鉄の最終地に行き、ステタン島行きのフェリー乗り場へ。フェリーにのり、自由の女神・マンハッタンなどを遠くに見る。島に着いて、そのまま、マンハッタンへ戻る船に乗る。本来この船は通勤用のものだが、観光目的で乗る客も多い。本島に戻り、地下鉄を乗り継ぎ、ステーキ屋「Peter Luger Steak House(ピータールーガー ステーキハウス)」へ。ブルックリン地区。駅を出たところは、ちょっとゴチャゴチャしたエリア。一昔前であれば、危なそうで、ちょっと敬遠しそうな雰囲気。しばらく歩いていくと、昔からの景観地区のようなエリアの中にステーキ屋がある。15時45分の予約で、ほぼ時間通りに到着。席に案内される。ここは、熟成肉の老舗。二人用ステーキが$103。ガイドブックでは、$80-90だったのが、少し値上げしている?量が多いというウワサがあり、それだけを頼む。付け合わせのパンがでてくる。なんだかんだ1時間の食事。お店を出て、地下鉄を乗り継ぎ、ブルックリン橋のあるところへ。ちょうど18時頃になり、夕焼けの橋と摩天楼の景色。けっこう絶景。地下鉄で、ホテルに一旦戻る。20時30分からの観光ツアー「THE RIDE NYC (ザ・ライド)」へ。側面・天井がガラスのバス。最初、天井が空いているものを想像したが、天井がある。バスに乗って、主要名所のガイドが案内され、要所要所で役者さんがパフォームする。陽気な観光ツアー。約1時間。ホテルに戻り、ホテルのバーでビールを飲む。

4日目:ニューヨークの空港で「AIR FRANCEのラウンジ」


NY最終日。午前中の飛行機なので、ほとんど何もできない。朝3時頃起きて、Work。6時頃、ゴソゴソと荷造り。朝7時30分にホテルを発ち、歩いて「Penn Station」へ。ちょうど出勤時間帯で、歩道やバス停などは、人が溢れている。「Penn Station」から、ロングアイランド鉄道(LIRR)に乗り、「Jamaica」駅で降り、そこでAirTrainに乗ると、ニューヨークのJFK空港。約40分ほどで着く。帰りの、日本航空・JALのJL005便のチェックイン開始は09:15から。少し早く着きすぎた。時間になり、チェックイン。インボラなし。座席指定ができなくなっていたので、多少は期待していたのだが。保安検査を抜け、ラウンジへ。JFKのJALラウンジは、AIR FRANCEのラウンジ。赤と白を基調とした内装で、雰囲気はGood。Foodは、朝食メニューだからか少し貧相?ドリンクは、アルコールはワインがよかったかも。コーヒーもおいしい。JL005便にて、NY→成田。真ん中の通路側の席。長距離路線では、飛行中、外を見ることができないのはツラい。今度からは、非常口席、窓側にしよう。

ニューヨークの空港ラウンジ
NYのJFK空港「Air France Lounge」
All Rights Reserved by Kota MISHIMA note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.