Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


4ヶ月ぶりの「シンガポール・チャンギ空港 カンタス航空シンガポールラウンジ(2015年4月)」 |マイル修行:JAL・JGCへの旅

2014年12月に訪れて以来、4ヶ月ぶりに訪れる。シンガポール・チャンギ国際空港にある、One World系航空会社のラウンジの中では、やはり、ここが一番だと思う。
(利用日:2015年4月26日夜)





前回訪れたときは、シンガポール・チャンギ国際空港にあるOne World系列のラウンジをまわろうと、いわゆるラウンジホッピングのため、このカンタス航空ラウンジは30分ほどしかいなかった。

あのとき、いろいろとラウンジをまわり、他と比べて見ると、このカンタス航空ラウンジが、空間やサービスともに質が高く、ゆっくりできると実感。

今回は、家人もいるということもあり、ラウンジホッピングをしないので、このラウンジでゆっくりすると、最初から決めていた。

ソファエリア(ちゃんとした名称があると思う)

ダイニングエリア


ここのラウンジの特徴は、ゆったりとした空間の雰囲気と、フードとドリンクが充実。



2015年4月のフードは、ビュッフェ台にある料理は、12月のときと、ほぼ同じ。野菜多めのメニューは、旅行時はありがたい。

オーダーできるメニューは、変化があり。

オーダーすると調理して持ってきてくれる料理。
Grilled Mexican Spiced Chicken Breast with Chimichurri and Quinoa Salad
Stir Fry Thai Style Minced Pork with Basil and Fragrant Jasmine Rice

Grilled Mexican Spiced Chicken Breast with Chimichurri and Quinoa Salad

Stir Fry Thai Style Minced Pork with Basil and Fragrant Jasmine Rice


簡単に言えば、鶏肉のソテーと東南アジア風そぼろご飯。

そぼろご飯は、日本人の味覚からすると、少し塩味が強いが、シンガポールに3日間いて、東南アジアの熱気に慣れた体には、逆にちょうどよく感じる。こういう地帯では、辛みや塩味で食べるということになる。日本の懐石料理ように、微妙な味加減を感じられるのは、日本の風土が産んだものだと思う。

そしてデザート。


幼き頃、東南アジアに住んでいたころ食べた記憶のある、独特のデザート。

ソファエリアにいたら、ポップコーンが配られた


このときいただいたワインは、以下の通り。






ワイン以外のアルコールや、ソフトドリンクなども、もちろん揃っている。

ソーダ水がでてくるサーバー


今回、初めて利用したシャワールームは、快適そのもの。部屋毎に区切られていて、シャワールームの受付で、どこの部屋と指示される。その際に、タオルセットが渡される。

ダイニングエリアの奥にシャワールーム

受付で言われた部屋に入る

個室タイプでトイレもある

トイレの奥にシャワー


シャンプー等も完備

備え付けのドライヤー

なお、カンタス航空シンガポールラウンジは、23時までのオープン。

ところで、カンタス航空ラウンジの隣にあるBAのラウンジは、まだ工事中。誰かの旅行記で、年明けぐらいに開いていたというような記事をみたが、短期間のオープンだったのか?


このブログ内の「マイル修行」関連の記事はこちらから


http://kota-mishima.blogspot.jp/search/label/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AB%E4%BF%AE%E8%A1%8C


関連コンテンツ

All Rights Reserved by KoM note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.