Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


第4日目(現地滞在)|実践編|マイル修行:JAL・JGCへの旅2014


第4日目(現地滞在):2014.09.03:シンガポール現地滞在

現地時刻 午前0時30分頃(滞在0時間)

シンガポール:チャンギ空港に9/3 0:25到着。

駐機場に0時30分頃着。
JALの到着はターミナル1。

ターミナル1で飛行機を降りたところ


この時間は、シンガポールの鉄道MRTが終わっているので、空港内をしばらく歩き回ることにする。

事前に調べておいたので、施設等が豊富なターミナル3へ移動。
まだスカイトレインの稼働時間なので、それを使って移動。

スカイトレインで移動


2008年以来の訪問で、空港の記憶が、全くない。

深夜の空港のお店

深夜にも関わらず、普通にお店はオープン
セグウェイ。空港スタッフが乗って移動している姿を、たまに見かける
深夜なので、アチコチで仮眠している人も


24時間オープンの空港とあって、お店や飲食店もふつうに開いていて、仮眠施設や映画シアターなどが充実している。2008年も、こんな感じだっただろうか?

PC持参者用に電源・ネット口が用意されている

ネット接続して使えるPCも無料で使える
その場で接続アカウントを作れる

意外と、ネット環境が充実していて、PCやスマホなどで、ネットが使えるになっている。
インフォメーションで、wifi用パスワードをもらい、ネット接続する。

仮眠エリアの一つ


しばらく仮眠ソファで過ごす。


現地時刻 午前4時30分(滞在4時間)

Immigrationを通過。

向こうにあるのがImmigration

空港の保安ゲート外へ行く。

ターミナル3の地下2階にある「kopitiam」へ。

フードコート的な感じで、いろいろなお店がある
中華風なお店
中華風朝粥にする

ここは空港職員が使う食堂と、どこかで読んだことがあったが、それ以外の人も普通に使える。地元の料理がS$5ぐらいのお手軽値段で食せる。


現地時刻 午前5時50分(滞在6時間)

MRTが動き出したので、街へ移動。
事前に行き先を決めてなかったが、なんとなく海辺で日の出が見えたらと思い、「Marina Bay」へ。

シンガポールの鉄道 MRT


切符を購入。
紙製だが、非接触型のカード式で改札にタッチして使う。

紙製だが電子記録される



現地時刻 午前6時04分(滞在6時間)

途中、「Tanah Merah」駅にてEast-Werst Lineの本線に乗り換え。Joo Koon方面へ。

列車から外に出ると、湿り気のある空気。
昔住んでいた、フィリピンに似た、なんとなく東南アジアっぽい空気。

City Hall駅で乗り換え

Marina Bay方面へ

再び乗り換え、「City Hall」駅にてNorth-South Lineに。


現地時刻 午前6時33分(滞在6時間)

「Marina Bay」駅に到着。

Marina Bayエリアのマップ

まだ外は暗い
たしか、日の出時刻が6時18分頃だったはずだが、この時間で、まだ外が暗く、想像していた、海辺で朝日というのとイメージが違う。

変った形状で有名な「Marina Bay Sands」にご対面。

Marina Bay Sands


徐々に明るくなりつつ、少し水面の上がもやってくる。
Marina Bay周辺を散策。

Bayエリアを歩く


散策途中で、遠くのシルエットが見えて、近くに「Merlion:マーライオン」がいることを発見。
そこに向かう。

近くにマーライオンを発見


徐々に明るくなる


現地時刻 午前7時15分(滞在7時間)

朝一のマーライオン
「Merlion:マーライオン」にご対面。
日中は、観光客であふれる観光スポットも、この時間は独り占めできてしまう。

Marina Bay SandsとMerlion


散策を続ける。

Marina Bayの散策


たまに見変えける標識は、4カ国語での表示。
英語、中国語、イスラム語、インドネシア語のマルチ文化国を感じる。

マルチ言語

現地時刻 午前7時30分(滞在7時間)

歴史的建造物っぽい建物の多いエリアに入る。

洋館などのレトロなエリア

Waterboat Houseという、シックな感じな建物に、スタバのシンガポール100店目の記念店を発見。この時間では、まだ開いていない。

シンガポール100店目のスタバ


ときどき、「Marina Bay」につながる川に、船が通る。
地図を見ると、Singapore Riverというらしい。
川幅が狭かったので、無名の川かと思っていたら、意外と立派な名前だった。

シンガポール川を進む船


現地時刻 午前7時40分(滞在7時間)

川沿いの道を進む。

川沿いの道を進む


地図を見ると、Mandarin Oriental Hotelなど、前回2008年に訪れたところが、この川沿いにあることを発見。あのときは、ここら辺は、埋め立て&開発中のような感じだったが、6年も経つと、だいぶ変化がある。

平和祈念公園的なスポットへ

 リン ボー セン メモリアル
イギリス占領時代、日本人と一緒に独立を勝ち取り、記念して建てた碑。



セノタプ
第二次世界大戦時の戦死者を慰霊する碑。

途中、通りの向こうに行くのに横断歩道がなく、地下の横断歩道へ。

通りの地下に、横断広場?で通りを横断する


かなり広く、エアコンもきいている。

再び外へ。

外へ出る
Esplande周辺に、何かのイベントなのか。特設会場が出来上がっている。

あとで調べたら、9月中旬にある、F1観戦用の準備だった。

何かのイベントか、特設会場が準備中

また戦争祈念碑。
日本占領時代に、犠牲となった多くの市民の慰霊をしている。

戦争記念公園内の慰霊碑


ここら辺は、このような記念碑が多い。


現地時刻 午前8時00分(滞在8時間)

ようやく、日の出。

もやっとした中での日の出

太陽が、もやった空気の中にあり、少しぼんやりとしている。湿気が強い地帯で、海近くだから、このような空気になりやすいのではと、勝手に推測する。

ラッフルズ・ホテルの近くまで、歩いてきた。

ラッフルズホテルの通り

ラッフルズホテル

Marina Bayが近代的な高層ビルが立ち並ぶエリアなのに比べ、こちらは昔からの雰囲気が残るエリア。ラッフルズ・ホテルのような近代西洋式建物がある一方で、中国的なお店などが周りに密集している。

西洋と東洋が入り交じった建物

中華的なお店

近代西洋的な建物


途中入った、アーケード街。
変った屋台の形をした店。まだ開店前。

変った屋台


近代的な建物の公立の図書館を発見。地図を見るとNational Library。

National Library

その内部


17階建ての比較的高層の建物。図書館以外に、海外大学のシンガポール校も入っている。ここもまだオープン前で、建物の中には入れるが、施設の利用がまだできない。「Possibility Room」という変った部屋を発見。何をやっている部屋かは、よくわからなかった。

「Possibility Room」とは?


再び、通りへ。

通りを歩く

「今日一日が幸せになる」と書いてあったオブジェを発見。

幸せになる?オブジェ

地下のモール「City Link Mall」へ移動。
地下にある、かなり大きいモールで、さきほどの地下の横断歩道にもつながっている。
地下街ではあるが、大手ブランドのお店等がいろいろと立ち並ぶ。
たしか、2008年にも、来たような気がする。

City Link Mall かなり広い


ようやく通勤時間帯で、人が増える。


現地時刻 午前9時00分(滞在9時間)

川沿いの道へ戻る。



あのスタバへ。
メニューが若干違うようで、「スタバ・ラテ」という表記ではなく、「カフェラテ」という普通の名前。

日本で言う「スタバラテ」

店内は、落ち着く感じの雰囲気。

店内

まだ、10時前で、どこ行っても開店前なので、しばらくここにいるとする。
メモ書きとか、スタバのwifiも使えるので、仕事で2時間ほど、ここで過ごす。このwifiは、通信容量か、接続時間か、わからないが、接続断が時々発生する。
この間、ほとんど客がおらず、数組か来店があったが、ほとんど日本人。

日が差し、虹が入る。

虹が差し込む


現地時刻 午前12時00分(滞在12時間)

再び、外へ。
だんだん気温が上がってきて、東南アジア特有の湿った暑さになってきた。

だいぶ暑くなってきた


「City Hall」駅でMRTに乗る。

City Hallの駅

都心部では地下鉄だが、郊外近くでは地上を走るMRT。
高層マンションが多く、こうして見ると、何となく日本っぽさを感じる。

マンションが建ち並ぶところは日本っぽい。

「Tanah Merah」駅で、空港行きに乗り換え。


現地時刻 午前12時40分(滞在12時間)

空港に着。

空港地下にある、「Fair Price」というスーパーで物色。
ほとんどの野菜がビニール袋に入れた状態で売られている。
食品・加工品等は、基本的に輸入物が多い。

食品や日用品が売られている

袋詰めにされた野菜たち


空港食堂でランチ。
今度は、アジアンな風味なチキンライス。

チキンライス

現地時刻 午後1時40分(滞在13時間)

Skytrainでターミナル1へ。

ターミナル1へ移動

ターミナル3は、ガラス張りの近代的な建物で、中も広々としている。ターミナル1は、昔の空港の建物なのか、こじんまりとして、むしろごちゃごちゃしていて、ちょっと圧迫感を感じてしまう。

搭乗券を発券し、トランジットエリアで過ごそうと思ったら、手続き開始は搭乗3時間前ということを発覚。いつも朝一番の出発や、帰りギリギリの手続きだったので、改めて、そういう基本的なことを知った。

予定が狂ったので、別予定に切り替え。


現地時刻 午後2時10分(滞在14時間)

まずは、展望ロビーへ。
防犯上の理由か、室外から見ることができない。

展望エリアから

飛行機の離発着を、しばらく見ていると、先ほど、外にいた時は、天気が晴れていたのに、急に黒い雲に終われ、雷雨となる。あの時間で戻って正解だったのかも、と感じた。
かなり雷が激しく、しばらく鑑賞している。雷がピカピカしている中、飛行機が次々と着陸。この程度の天気ならば、運行にあまり影響がない模様。大風ではないからか?

再びSkytrainに乗り、ターミナル2を見てから、ターミナル3へ。


現地時刻 午後3時45分(滞在15時間)

ターミナル3のパブリックエリアにある有料ラウンジ「The Haven by JetQuay」へ。
3時間の仮眠コース。シャワーとミールサービス付き。

外から気付きにくい店構え

1人ずつ仮眠用の部屋がある

想像していた以上にキレイな仮眠室

別室にあるシャワールーム

それぞれ鍵がある

薄汚れた場所を想像していたら、全然キレイで、日本人受けしそうさ清潔感。

シャワーを浴び、しばらく仮眠する。


現地時刻 午後6時15分(滞在18時間)


Wakeupコールで起こされる。

出る前に、ミールサービス。

写真でよく分からなかった

4種類の中から選べ、白黒の写真で分かりにくく、パンケーキと思っていたものは、ナン的なもので、スープはシンガポール風カレーだった。ドリンク&軽食サービスもいろいろと揃っている。


ドリンク・軽食なども


wifiがあるか調べたら、レシートにパスワード付きで表示されていた。


現地時刻 午後8時00分(滞在20時間)

ラウンジを出る。

空港で一定額以上の買い物をすると、100万ドルがあたるゲーム参加券がもったので、それをやってみる。かなり本格的な作りのプロモーション。

100万ドルがあたるかも?

すっかり外は暗い。

外はすでに暗い


01:50の便なので、搭乗手続きは22:50からで、まだ2時間ほど時間がある。読んでいなかった本を読み進め、ようやく時間に。

しばらくここで待つ


現地時刻 午後11時00分(滞在23時間)

JALのカウンターで発券してもらい、トランジットエリアへ。

SocialTreeというアトラクションがある。その場にある専用端末で自分の写真をとり、SNSや、このツリー上に写真を残せるという企画。

Social Tree

今は、午後11:00で、搭乗開始は午前1:20。
まだ2時間ほど時間がある。


現地時刻 9月4日午前1時20分(滞在25時間)

そしてついに搭乗時間。日本へ戻ります。




関連コンテンツ

All Rights Reserved by KoM note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.