Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


はじめての寄席 | 鈴本演芸場 | 東京

初めての寄席。話力だけで場を作ってしまうというのは、まさに人間ワザ。

はじめての寄席 | 鈴本演芸場 | 東京



最近、飛行機のJAL落語が気にいっているので、 本物の落語の舞台を見ようと、寄席へ。

おそらく、生まれて初めて、リアルの寄席を見た。

2017年4月中席 夜の部の演目は、以下のとおり。

  1. 落語:柳家 緑太
  2. 太神楽曲芸:翁家社中
  3. 落語:入船亭 扇辰
  4. 落語:三遊亭 鬼丸
  5. 漫才:ホームラン
  6. 落語:柳亭 燕路
  7. 落語:桂 才賀
  8. ー仲入りー
  9. 音楽:のだゆき
  10. 落語:古今亭 志ん輔
  11. 紙切り:林家 二楽
  12. 落語:桂 やまと

17時から入場し、最後までいると20時30分ごろ。
いつ入っても、帰ってもOK。 しかし、これだけの演目を、3時間ちかく楽しめて、2800円(割引で2500円になった)というのは、映画よりもお得と感じてしまう。

今回、寄席に行って知ったのは、
「仲入り」の直後をつとめる芸人さんを「くいつき」という。
「とり」の前の芸人さんを「ひざがわり」という。
最後をつとめる「とり」は、真打にならないと出られない。

芸人さんそれぞれに個性があり、一人の話術だけで、その場の空間を作ってしまうのは、落語のすごいところだと思う。

はじめての寄席 | 鈴本演芸場 | 東京

はじめての寄席 | 鈴本演芸場 | 東京


鈴本演芸場 〒110-0005 東京都台東区上野2−7−12 鈴本ビルディング
All Rights Reserved by KoM note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.