Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


サーモンの皮の食べ方 | 2016-06-02 の日々雑感

成城石井で290円で買った、サーモンの切り落とし。

サーモンの皮の食べ方 | 2016-06-02 の日々雑感



切り落とし的に身がたくさん付いているのかと思ったら、ほとんどが皮。

身が、申し訳ない程度についているだけ。 以前、北海道で見た、アイヌの人が作った、鮭の皮の靴ができそうなぐらいの量がある。

「身」ではなく、「皮」を食べる感じ。
焼いて油を落として使うのがいいと思い、まず焼いてみる。

クッキングシートをフライパンの上に引き、 その上からサーモンを、じっくりと焼きあげる。

サーモンから油が出て、 それで、自らが揚がる形になる。ベーコンと同じ要領。

しかし、塩鮭の皮のように、パリッとした皮にはならない。 まだ油が残る感じ。

けっきょく、お弁当に
・サーモン入りチラシ寿司
・サーモンと水菜のハーブサラダ
に変化させて使った。


そのまま食べることもできるが、 サーモンの油をうまみとして生かすには、 サラダ系にするか、和え物系にするのが一番だと思う。

ちなみに、サーモンの皮には、

特徴的な栄養素はコラーゲン。 鮭の皮自体がコラーゲンそのものなのです。 牛などを原料とした動物性のコラーゲンより、吸収率が高い、純度が高いなどのデータがあり、多くの支持を得ているコラーゲンです。

また、皮のすぐ下の脂質には、DHAやEPAといった不飽和脂肪酸がたっぷり含まれています。
と、栄養価的には、かなり優れた食材だという。


All Rights Reserved by Kota MISHIMA note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.