Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


BBQ & 北関東グルメ巡り |週末 |2014-10


10月の第1週の週末は、BBQ&北関東めぐり。






まず、土曜日は知人Y氏のお招きでBBQ。

東武線の「春日部」駅に、おそらく「初」の下車。



Y氏と合流後、近くのショッピングセンターへ買い出しにいくと、普段見たことの無いモノがいろいろあり、面白い。



まずは、「ジョイフルホンダ」では、肉類がビックリ価格で提供。また魚介類もかなりリーズナブル。こういうお店が、家の近くにあれば、けっこうはまってしまいそうだと思う。



そして リカーショップの「やまや」へ。
ちょうど来る時の列車内で、読んでいた雑誌の広告に、このお店を見ていたので、奇遇な巡り合わせ。
ふつうのアルコールや飲料以外にも、世界中のビールなど、あまり見ないようなものがある。品揃えが面白いお店。

普通は「東京で何でも揃う」という感覚だが、こういう地方都市の方が、実は「もっと」何でも揃う感じがする。

買い出し後は、Y氏宅でBBQ。



なぜか深夜に、周囲を散歩。



ーー

翌日は、台風18号が接近中で、あいにくの大雨。

当初は、日光辺り行こうと思っていたが、北関東エリアにある、室内系スポットを見て回る。



最初に訪れたのは、栃木県にある「おもちゃの町 壬生町」。
1960年代に、葛飾などの下町エリアから玩具工場が、このエリアに移ってきた。
一時は、輸出玩具工場として、日本の工業を支える拠点となっていた。

たまたま、この博物館の存在を知り、行ってみた。
そんな壬生町には、それに由来して「壬生町おもちゃ博物館」というのがある。

「壬生町おもちゃ博物館」は、壬生町総合公園にある。

お城をテーマにしたような建物。



その入り口では、ヤッターマンの巨大ヤッターワンがお出迎え。
これは、実写版の映画ヤッターマンで使われたものだという。

館内には、昔、子供の頃に遊んだおもちゃや、最近のものが展示されている。
また少し離れた別館には、鉄道模型専門の部屋が、ジオラマで作られた町に走る列車を動かすことできる。

展示のおもちゃ以外に、館内にはいくつかの遊具等を使ったプレイエリアがある。
ちょうど訪れた日は、大雨ということもあり、子供達が遊びにきて、館内を駆け回っていた。

家族連れでも一日楽しめる、子供のためのテーマパーク。

ーー



餃子の町、宇都宮にあるお店「正嗣 (マサシ)」。
それを象徴するかのようなお店。

「焼き餃子」と「水餃子」の2種類しかないメニュー。
それでも、休日の昼ごろには、次から次へと客が来て、小さな店舗に待ち行列ができる。

テイクアウトでも40人前を持ち帰る人がいたり、その人気はスゴイ。

一人前210円とお手頃すぎる価格も魅力的。

餃子一本に絞り、それを追求している、その結果の表れだと思う。

ーー



栃木県・佐野市にある麺処「ゐをり」。

普通は、男ぽっさのあるラーメン屋の中で、メルヘンさもあるラーメン屋さん。
切り株をイメージしたような壁の上には、トトロやギギがいる。

基本のラーメンは、安心感のある味。

そして、「やさしいミソラーメン」は、なんという斬新な味わい。
ラーメンというよりも、別の国の食べ物になっている。

そういうことが許されるお店。

そんなところを廻り巡った週末。


関連コンテンツ

All Rights Reserved by KoM note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.