Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


カンタス航空を活用した「SIN-MEL」ルートを試してみた | JAL関連 | 2015-11-15

2015年11月、JALと同じOne Worldグループであるカンタス航空を利用して、東京-シンガポール-メルボルン(SIN-MEL)ルートを試してみた。結論から言えば、移動時間が長い分、ラウンジ滞在と飛行機の搭乗を楽しめるコース。ただし、One Worldのサファイア以上のステータス会員でない場合は、かなりの苦行となる。

カンタス航空だとエアバス社の機材が多いので、
ボーイング機材の多いJALに乗るときとは、違った感覚で新鮮。



[post_ad]

以前、このブログで試算をしてみた、SIN-MELルート。

(当該記事)
「JALマイル修行の新ルート「OKA-SIN-MEL」検討:カンタス航空を活用したマイル修行 | JAL関連 | 2015-07-27」
http://kota-mishima.blogspot.com/2015/07/jaloka-sin-mel-2015-07-27.html



今回の日程・搭乗便は、以下の通り。
往路(1) Day X JL035
東京・羽田(00:05) → シンガポール(06:45)
往路(2) Day X+1 JL7891(QF036) ※カンタス航空のコードシェア便
シンガポール(19:50) → メルボルン(X+1: 06:30)
復路(3) Day X+3 JL7890(QF035) ※カンタス航空のコードシェア便
メルボルン(12:20) → シンガポール(17:25)
復路(4) Day X+4 JL038
シンガポール(X+4: 02:05)→ 東京・羽田(09:40)

JALのWebサイトで予約すると、往路では「JL037:羽田10:50発 - シンガポール17:30着」、復路では「JL036:シンガポール22:00発 - 羽田05:35着」が推奨される。空港内のラウンジを滞在を楽しみたいので、JL037からJL035、JL036からJL038に変更する。Webで、推奨内容で予約を一旦作った後、電話で変更。

今回の旅程で訪れることができるラウンジは、以下の通り。

(東京・羽田空港)
・日本航空ファーストクラスラウンジ
・日本航空サクララウンジ
・キャセイパシフィック航空ラウンジ

(シンガポール・チャンギ空港)
・British Airways ラウンジ
・カンタス航空シンガポールラウンジ
・SATS Premier ラウンジ(JAL指定ラウンジ)

(オーストラリア・メルボルン空港)
・カンタス航空インターナショナルファースト
・カンタス航空インターナショナルビジネス
・キャセイパシフィック航空 ファーストおよびビジネスクラスラウンジ


カンタス航空のホームグランドである、オーストラリアでのラウンジを訪問できる。そして、シンガポール・チャンギ空港での滞在が、往路:12時間、復路:9時間となるので、かなり満喫できる。

なお、この便で、飛んだ場合の区間マイル・FLY ON ポイントは以下の通り。シンガポール経由メルボルン行きの場合、東京-シンガポールまでがFOP1.5倍で、シンガポール-メルボン間は1.0倍で計算される。※積算率は、ダイナミックセイバー5 (行き:タイプF 帰り:タイプF)で計算。


区間マイル FOP
往路(1) 3,312マイル 2,884FOP
(3,312×0.5×1.5+400)
往路(2) 3,751マイル 2,276FOP
(3,751×0.5×1.0+400)
往路(3) 3,751マイル 2,276FOP
(3,751×0.5×1.0+400)
往路(4) 3,312マイル 2,884FOP
(3,312×0.5×1.5+400)
合計 14,126マイル 10,319FOP

片道が7,063マイルとなり、JALで東京から飛べる最長距離である東京-ニューヨークの6,737マイルを超え、実質的に最長。そして、飛ぶエリアは、FOP係数が1.5倍となる、東南アジア・オセアニアなので、FOPも稼ぎやすい。しかし、想定外だったのは、てっきり、全行程が1.5倍になると思っていたら、「シンガポール経由メルボルン行きの場合、東京-シンガポールまでがFOP1.5倍で、シンガポール-メルボン間は1.0倍で計算される」ということだった。

参考までに、JetSatrのコードシェア便をつかった、東京-メルボルンの直行便の場合は、以下の通り。

区間マイル FOP
往路 5,091マイル 4,218FOP
(5,091×0.5×1.5+400)
復路 5,091マイル 4,218FOP
(5,091×0.5×1.5+400)
合計 10,182マイル 8,436FOP


乗り継ぐ分、空港での乗継時間含めた移動時間は増えるが、その分、飛行する区間マイル、獲得できるFOP、そしてラウンジ滞在を楽しむことができる。

各搭乗記録は、以下の通り。
  1. 29レグ 2015-11-08: JAL35 東京(羽田)-シンガポール ビジネスクラス
    http://kota-mishima.blogspot.com/2015/11/29-2015-11-08-jal35-jaljgc2015.html
  2. 30レグ 2015-11-08: JAL7890(QF036) シンガポール-オーストラリア・メルボルン エコノミークラス
    http://kota-mishima.blogspot.com/2015/11/30-2015-11-08-jal7890qf036-jaljgc2015.html
  3. 31レグ JAL7891(QF035) オーストラリア・メルボルン-シンガポール エコノミークラス
    http://kota-mishima.blogspot.com/2015/11/31-jal7891qf035-jaljgc2015.html
  4. 32レグ 2015-11-12: JAL38 シンガポール-東京(羽田) ビジネスクラス
    http://kota-mishima.blogspot.com/2015/11/32-2015-11-12-jal38-jaljgc2015.html


このブログ内の「マイル修行」特集ページはこちら↓


マイル修行日記: http://www.8888km.net/p/blog-page_1.html
3ヶ月でノンステータス会員からJGCプレミア会員に達成





All Rights Reserved by Kota MISHIMA note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.