Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


【Nintendo Switch】争奪戦の収束時期を予測

日本のゲーム人口、Nintendo Switchの販売・出荷状況から、 買いやすい時期を試算してみた。

【Nintendo Switch】争奪戦の収束時期を予測




2017年3月3日の発売以来、 「今回もダメじゃないか」という前評判に反して、売り出してみれば意外と反響がよく、品切れ状態が続いている、 任天堂の新ゲーム機「Nintendo Switch」。

初期のiPhoneのような感じで、 お店に行っても、とにかく在庫がない。 ネットなどでも転売商品が定価以上で販売されている。

とはいえ、在庫なしの状況が永遠に続くわけではなく、 今や余剰気味となっているiPhoneのように、 いずれ、買いやすい状況になるはず。

その時期を試算してみた。


Nintendo Switchの販売状況


ネット等に出回っている情報によれば、


Nintendo Switchの日本での販売台数:75万9188台(2017年4月末)
なお、世界全体では274万台(2017年3月)


日本の任天堂系ゲーマー人口:590万人


ゲーマーという括りでは、任天堂のゲーム機以外にも、プレステやXboxなどもあり、かなり広いので、 任天堂の最近のヒットゲーム機であるwiiの出荷台数から、任天堂系ゲーマー人口を類推。

wiiは、2006年の販売開始から2013年の生産終了で、

日本でのwii出荷台数1,275万台
世界販売を含めると1億4万台
という販売数。

ちなみに、ゲーム機の殿堂であるファミコンは、

日本での出荷台数1,935万台
世界販売を含めると6,191万台

今回のNintendo Switchが、wii並みの需要があるとすれば、 wiiの日本での販売開始してから2年間に購入した人数を、 任天堂系ゲーマーの「イノベーター」「アーリーアダプター」「アーリーマジョリティ」だとすれば、 その期間のwii出荷台数590万台が、それらの人口数と類推できる。


Nintendo Switch約10%しか普及していない


日本の任天堂系ゲーマー人口:590万人が、早い段階でNintendo Switchを購入したいとなると、 現状のNintendo Switchの日本での販売台数:75万9188台という状況では、

76万台 ÷ 590万人 = 12.8%。

Nintendo Switch需要 590万人 - Nintendo Switch買った人 75万人 = Nintendo Switch買いたい人 515万人

全然足りていない。


Nintendo Switch 1週間2万台の出荷(日本)


噂によれば、現在Nintendo Switchは毎週2万台(連休や大型タイトルソフトの発売により増減はある)を日本に供給されていて、早期にNintendo Switch買いたい人向けに500万台供給するには、250週間かかる。単純計算で約5年。

週2万台供給で年間約100万台供給。


(wiiは)北米と欧州では長期にわたって供給不足が続き、月間180万台程度を生産したにも関わらず、高額な転売や抱き合わせ販売が問題化した。

さすがに5年も待たされるのは、ちょっとねー、という気もするし、 Nintendo Switchを早く手に入りたいという人の気持ちわかる。


品薄戦略でプレミア感


Nintendo Switchを短命のゲーム機ではなく、息の長いヒットゲーム機にするためは、 会社経営としても、早い時期に多く供給して、飽和状態にするよりは、 手に入りにくいゲーム機という品薄状況を作り出し、プレミア感を出す、という戦略なのかもしれません。

Nintendo Switchは、週2万台供給で年間約100万台供給。 ちなみに、iPhoneの出荷台数は、年間約1億台。 iPhoneの場合、販売後に、ユーザーや携帯キャリアから課金できるインフラモデルなので、早めにばらまいてしまった方がいいわけですが、 Nintendo Switchの場合、今後開始されるオンラインサービスを除く、基本的に売り切り型のビジネスモデルなので、 企業としての業績を、中期的に維持するためには、徐々に出荷するという方が、理にかなっていると推測します。


5年後のNintendo Switch改良版や拡販モデルを買うという選択肢


任天堂のいつもの展開として、 今回のNintendo Switchも、改良版や、ソフト同梱などのお得版、 あるいは、5000円安くした拡販モデルなどが、約5年後ぐらいに出てくるはず。

おそらく、
現在のNintendo Switchの定価:2万9980円(税別)
 ↓
改定後のNintendo Switchの定価:2万4980円(税別)

そして、「wiiパーティ」のような、誰でも簡単に遊べるソフトとして、 「1-2-Switch」を同梱ソフトにするということも考えられる。

純粋にゲームを楽しみたいという人は、5年我慢すれば、お得に遊べますが、 友達と一緒に遊ぶ、ゲームの会話などもとなると、5年も待てない。

日本だけでなく、世界には出荷しないといけないから、 まだまだ、Nintendo Switch争奪戦は続きますね。


p.s.
ネットでNintendo Switchを購入するのは、タイミングなどもあり、かなり至難な状況となっていますが、 毎週1回、予約販売を受け付けている任天堂のオンラインストア「マイニンテンドーストア」で申し込むと、 Nintendo Switchが届くのは約2-3週間後。

この間発見したのは、 「楽天ブックス」のサイトで12時30分、13時30分ぐらいに「Nintendo Switch 在庫あり」という状態となり、買える時があります。 実際、それで購入できました。ご参考になれば幸いです。

楽天ブックスのサイトで販売状況を確認できます。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nintendo Switch Joy-Con(L)/(R) グレー
価格:32378円(税込、送料無料) (2017/5/18時点)






関連コンテンツ

All Rights Reserved by KoM note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.