Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


がんばってほしいクロネコヤマト | 小説ヤマト運輸 (新潮文庫) 【読書メモ】

配送荷物が増えすぎて、キャパがアップアップとなって話題の「ヤマト運輸」。




図書館で、ふとタイトルを見て気になり、読んで見たら、けっこう面白かった。

普通の運送屋であった「大和運輸」が、「ヤマト運輸」になるまでの経緯。名物「クロネコ」マークの由来なども。

ヤマト運輸が、生活者向け小口宅配サービスを世に出してから普及するまで、その後も、つねに「官・既存勢力」対「民・新興勢力」の戦いだった。

これを読むと、佐●急便は、なんと国にべったりなんだろう、とわかる。荷物の扱いが「ちょっと」という時がたまにあるのは、そういう組織体質なのかもしれない。



関連コンテンツ

All Rights Reserved by KoM note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.