Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


昔も今も変わらない国会の中身 | 青島の意地悪議員日記 (新潮文庫) 【読書メモ】

「青島の意地悪議員日記 (新潮文庫)」

今の国会論戦を見て、この本を読むと、昔と今もあまり変わらないんだなと思う。



1970年代に青島幸男が参議院議員だった時の話。

なるほどと思う箇所多い。

事件がなんとなく結論を出さなくてはならない時期になると、確実に何か別の事件がパンと起こってきて、そいつに国民の目が移るしかけになっている。するといつのまにか、重要な問題は未解決のまま新聞の片すみに追いやられて、また新たな問題が起こってきて、またしても、例によってウヤムヤのうちに何十年が過ぎてしまう。あるいは、これはもう鉄則みたいなものかもしれん。なにか非常に強力なヤツがカゲにいて、あやつっているに違いない、という憶測がしてみたくなるほど、こういうことは非常に多い。

とくに上の部分は同感と感じてしまった。



関連コンテンツ

All Rights Reserved by KoM note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.