Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


航空会社の機内販売の売上はどのぐらい? | マイル修行

ふと、航空会社の機内販売の売上はどのぐらいか?と思い、調べて見ることに。

機内販売で登場する、ごついキャッシャー
今なら、スマホとカードリーダーで代替できそう
航空会社の機内販売の売上はどのぐらい? | マイル修行




車と飛行機のコラボ



ピーチ × フォルクスヴァーゲン
航空機をフォルクスヴァーゲンでラップ広告。機内でも車を販売。
という内容を見て、 機内販売を高価格にして、収益を増やそうという狙いか?と思ってしまった。

ふと、 航空会社の機内販売の売り上げというのは、どのぐらいあるのか?と思い、調べて見る。


大手航空会社の機内販売の売上高


航空会社が報告している財務資料を見てみると、

日本航空・JALの場合
「旅客収入」のなかに丸められていて、詳細の金額がわからない。


全日空・ANAの場合
全日空・ANAも、日本航空・JALと同様、ざっくりとまとめられているが、以下のように、「航空事業におけるその他」というセグメントに、区分分けされている。


航空事業におけるその他には、マイレージ附帯収入や、LCC事業を営むバニラ・エア株式会社の収入、機内販売収入、整備受託収入等が含まれており、当期の収入は1,965億円(前期1,659億円、前期比18.4%増)となった。

これには、子会社のLCC航空会社の売上も入っている。その一部が「機内販売収入」。しかし、詳細の金額はわからない。

スターフライヤーでも非開示。

あまり公開したくない情報なのかもしれない。

しょうがないので、試算してみる。

全日空・ANAの年間旅客数(2016年3月度)
国内線:42,664,899人
国際線:8,167,951人

というのが発表されているので、

機内販売の購入平均単価
国内線:5,000円
国際線:10,000円

購入率
国内線:5%
国際線:5%

として試算すると、

機内販売収益
国内線:10,666,224,750円(106億円)
国際線:4,083,975,500円(40億円)

以上から、

全日空・ANAの機内販売 売上高 計146億円 ≒ 150億円 (試算)

となる。

全日空・ANAの全体の売上高:1兆7,911億円。
全日空・ANAの機内販売 売上高 150 億円 ÷ 全体の売上高 17,911 億円 = 0.8 %。


仮に、機内販売の粗利率が30%だとすれば、利益は45億円

全日空・ANAの全体の営業利益:1,364億円なので、
45 億円 ÷ 1,364 億円 = 3.2 %。


試算なので、かなり適当な数字ではあるが、 この比率は、大きいのか小さいのか。 売上規模は小さいが、利益寄与度は大きいように思える。(試算だけど)

上は、全日空・ANAでの例だが、日本航空・JALで試算しても、同じような感じ。


航空会社と異業種のコラボが進む


ピーチ × フォルクスヴァーゲン以外にも、
・スターフライヤー×スタバ
・スカイマーク×ネスレ
といったコラボレーション展開が進んでいる。

旅客が楽しめて、コラボ会社に良い影響があり、航空会社にも潤う、というWin-Win-Winの関係ならばHappy。

どれかが不幸になると、続かない。



関連コンテンツ

All Rights Reserved by KoM note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.