Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


「ファーストクラス」初体験 | マイル修行:JAL・JGCの旅

あこがれの「ファーストクラス」に乗ってみる。

「シャンパン」があるというのが、ファーストクラスの特徴の一つ
「ファーストクラス」初体験 | マイル修行:JAL・JGCの旅




このマイル修行で、飛行機に頻繁に乗るようになる前は、「ファーストクラス」というのは、はるか彼方にある、縁遠いものであった。

ところが、日本航空・JALの「JGCプレミア」のステータス会員になり、そういう世界の近いところにいるようになると、ファーストクラスに搭乗する機会が、不思議とでてくる。


こんな世界があったのか、「ファーストクラス」ラウンジ


まず、日本航空・JALの「ファーストクラス」のラウンジ。

鉄板焼きや、握りずしがあったり、最初にそれを目にした時は、かなり感動した。

「サクララウンジ」も、すばらしいラウンジなのだが、「ファーストクラスラウンジ」になると、さらに上質な空間になっている。

何を見ても、新鮮に見えて、キョロキョロしてしまう。その後、何度かラウンジに利用すると、慣れてきて、自分なりの過ごし方ができるようになる。

見ていると、ラウンジでキョロキョロする人を見かける。あれは初体験の人の挙動。誰でも、感動してしまい、ついそうなってしまうのだ。


世界の空港にある「ファーストクラス」ラウンジに行くと、さらにすごい世界が待っている。

ホテル・ライクなサービス。
食事などは、文句の言いようがないほど。そして、スパがあったり、個室の仮眠部屋があったり、とラウンジごとに特徴がある。なお、先日、訪れたフィンランドのラウンジには、フィンランド名物の「サウナ」があった。

そして、時間がゆったりとしている。
外に出ると、慌ただしい、空港の世界に戻る。
なんだか、こういう世界があるんだな、というのが第一印象。



あこがれの「ファーストクラス」デビュー


そして、はじめての「ファーストクラス」の座席デビューは、2015年4月。

普通席とは、明らかに違う「座席」の作り。
どこをどう使えばいいのか、というのが、最初は未知の世界。
こういう座席は、シートベルトを締めていても、ゆったりとしている。



不思議なもので、その日以降、何度か乗る機会に遭遇する。

ファーストクラス搭乗記
JALファーストクラスの一覧を表示

なお、ここでいう「ファーストクラス」は、国内線ファーストクラスのこと。

国際線のファーストクラスにも、いずれ。

All Rights Reserved by Kota MISHIMA note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.