Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


SuperShuttle (スーパーシャトル) | ニューヨーク | アメリカ

初めてのニューヨーク 夕方着便、空港からマンハッタン島のホテルへの移動がよくわからず、SuperShuttle (スーパーシャトル)を利用する。
(利用日:2015年10月17日)

SuperShuttle (スーパーシャトル)
SuperShuttle (スーパーシャトル) | アメリカ




初めてのニューヨーク、初めての場所で土地勘もない。

まずは、ニューヨークのJFK空港に着いた後の移動方法がよくわからない。
JFK空港は、マンハッタン市内から距離があり、地図を見ると、鉄道で市内まで行けそうなのだが、日本の鉄道のような感覚で使えるのだろうか。 しかも、現地の夜到着で、大きなスーツケースを持って、ウロウロするのもの面倒。

いろいろ検討して、空港からホテルに送ってくれる手段として、「SuperShuttle (スーパーシャトル)」を利用。

日本からWeb上で予約・決済できる。

料金はJFK→タイムズスクエアのホテルまで一人$20-(チップ入り)。 エリアにより料金が異なる。

空港に着陸し、入国審査を終えて、荷物ピックアップして、出てすぐの、通路脇のところに「SuperShuttle (スーパーシャトル)」の受付カウンターがある。

最初、このカウンターの存在に気付かず、素通りし、空港内をいろいろと探してしまった。最後まで出てしまい、あとから逆走して、「SuperShuttle (スーパーシャトル)」の受付まで辿り着く。

係の人に、予約ナンバーを伝える、もしくは、予約メールのプリントアウトを渡すと、手続きしてくれる。

受付番号らしきものが印字された用紙を渡されて、この番号が呼ばれるまで「ちょっと待っていて」と言われる。

10分ほどして、番号を呼ばれて、運転手らしき人に連れられて、外の車のところにまで行く。

車は、少し大きめのバンのような車。 車内に、3-4組ぐらいの旅人がすでに乗っている。

空港を出発し、約40分ほどでマンハッタン島へ。

各旅人の宿泊先などを回り、順番に下ろしていく。 自分たちは3組目ぐらいあとで、ホテルに到着。空港を発って1時間ほど。

空港からマンハッタン市内への移動手段はいくつかある。 「SuperShuttle (スーパーシャトル)」は、それほど高くもなく、意外と便利だった。 欠点といえば、ちょっと時間がかかりすぎること。ただ、いろいろとニューヨーク市内をまわるので、そういうのを見て回ると思えば、苦は少ない。

なお、帰国日、空港へ移動手段は、電車で、マンハッタン市内からJFK空港へ移動した。 マンハッタン市内にあるペンシルバニア駅で、ロングアイランド鉄道に乗り、途中のジャマイカ駅で、エアトレインに乗り換えて、JFK空港にたどり着ける。

2日間ぐらい滞在すれば、ニューヨークの方向感覚、地下鉄や鉄道網に慣れてくる。

しかし、まったくの初心者は、ちょっと複雑。電車の行き先や、通過する駅などが、わかりにくい。 行きは「SuperShuttle (スーパーシャトル)」で、ホテル(場合によっては近く)まで送ってもらうのがラク。



SuperShuttle (スーパーシャトル)
5215 11th St #8、Long Island City, NY 11101, USA


JFK空港内のカウンター
SuperShuttle (スーパーシャトル) | アメリカ

受付をすると受付番号の紙を渡される 
SuperShuttle (スーパーシャトル) | アメリカ


この車で移動 
SuperShuttle (スーパーシャトル) | アメリカ

車内には4組ほどの旅人。 
SuperShuttle (スーパーシャトル) | アメリカ


空港から20分ほど走っても、まだマンハッタン島には着かない 
SuperShuttle (スーパーシャトル) | アメリカ


マンハッタン島を南下して、順にホテルへ
SuperShuttle (スーパーシャトル) | アメリカ




このブログ内の「アメリカ旅行」関連の記事はこちらから


http://www.8888km.net/search/label/201510_USA
All Rights Reserved by Kota MISHIMA note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.