Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


機内食:JAL国際線 JAL735 NRT-HKG ビジネスクラス (2016年4月上旬) | JALマイル修行

2016-04-12 JAL735 東京・成田 - 香港 ビジネスクラスの内容

機内食:JAL国際線 JAL735 NRT-HKG ビジネスクラス (2016年4月上旬)

ひさしぶりに、機内でステーキを食べたと思う。

昨年からビジネスクラスに何度か塔乗できるようになった。 しかし、深夜便だったりして、そうすると、朝食的な機内食がほとんどだった。

それが、訳あって、東京-香港のビジネスクラスに塔乗して、ディナータイムの機内食をいただけた。

もう、30年以上も前、子どもの頃、今は亡き(デルタ航空と統合した)ノースウェスト航空のビジネスクラスに塔乗していた時に、こんな感じの肉を食べていたのを思い出した。

子どもの時は、ステーキは、味というよりも、「肉」ということでよろこぶ。今は、エイジング肉とかいろいろ出ていたり、昨年は、沖縄、オーストラリア、ニューヨークの「ピーター・ルーガー」とかでも食したり、とにかく、ステーキに対する考え方が、子どもの頃からは変わってきている。30年経って「機内のステーキ」を再び食べてみて、独特の感じなんだと思う。


ウニフラン:生臭いのかと思ったら、意外にあっさりといける。

チキンとライスヌードルのコンソメスープ:洋でいて中華っぽく、さらにパクチーが入っているのでアジアンな感じ。


そして、飲みものは、最初から最後まで、ずっと泡になってしまった。

ほんとうは、前菜ぐらいまでが泡で、メインは赤にしようかと思ったのだが、 このあいだ塔乗したビジネスクラスで、機内の赤ワインにいい印象がない。それならば白ワインでもいいのだが、塔乗する前にラウンジで白ワインをけっこういただいていた。意外と、このシャンパン「ドゥラモット ブリュット N.V. (Delamotte Brut N.V.)」が美味しかったということで、ずっと泡になってしまった。



狭い機内で、これだけの料理がでてくるのだから、スゴイと思う。JAL国内線ファーストクラスに乗っても、いつも感服する。とにかく、美味しくいただきました。


JAL国際線 JAL735 NRT-HKG ビジネスクラス (2016年4月上旬)(洋食)


食事
・前菜:サーモンマリネ、ウニフラン、ポークパテ
・チキンとライスヌードルのコンソメスープ
・フルーツトマトのサラダ イタリアンドレッシング
・牛フィレ肉のグリル レフォールとケッパーのソース
・ソフトフランスと米粉パン
・アイスクリーム

いただいた飲み物
・ドゥラモット ブリュット N.V. (Delamotte Brut N.V.)
*「シャルル エドシック ブリュット レゼルヴ N.V. (Charles Heidsieck Brut Réserve N.V.)」がなく、このシャンパンに。
・コーヒー

機内食:JAL国際線 JAL735 NRT-HKG ビジネスクラス (2016年4月上旬)

機内食:JAL国際線 JAL735 NRT-HKG ビジネスクラス (2016年4月上旬)

機内食:JAL国際線 JAL735 NRT-HKG ビジネスクラス (2016年4月上旬)

機内食:JAL国際線 JAL735 NRT-HKG ビジネスクラス (2016年4月上旬)

機内食:JAL国際線 JAL735 NRT-HKG ビジネスクラス (2016年4月上旬)

機内食:JAL国際線 JAL735 NRT-HKG ビジネスクラス (2016年4月上旬)

機内食:JAL国際線 JAL735 NRT-HKG ビジネスクラス (2016年4月上旬)

機内食:JAL国際線 JAL735 NRT-HKG ビジネスクラス (2016年4月上旬)

All Rights Reserved by Kota MISHIMA note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.