Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


四季煲仔飯 Four Seasons Pot Rice (香港式土鍋ご飯屋) | 香港

香港のB級グルメ?普通の観光客は行かないようなディープなお店。
(利用日:2015年12月11日)




[post_ad]

今回の2泊目以降に宿泊した「The City Viewホテル」。

ここは「油麻地」(Yau Ma Tei)エリアで、裏道に入ると、屋台の飲食店や、露店などが並ぶ、一帯。
東京で言えば、上野のアメ横・ガード下あたりのような感じ。
全体的に、人々が往来が多く、つねに「ワイワイガヤガヤ」している。

このホテルの近くに、香港駐在だった知人より教えてもらった土鍋ゴハン屋「四季煲仔飯」がある。

18時前にお店へ行くと、すでに店内がいっぱい。10分ほど、お客が出るのをしばらく待ってから、お店に入ることができた。

店内は、ほぼ地元客。
ガツガツ喰らっている。なんだか、その姿がすごい。
映画「千と千尋」のお父さん・お母さんが、豚になる前に食べていた姿に近い感じ。

メニューは中国語だが、漢字でなんとなく類推して注文。
オススメという「牡蠣入りオムレツ」、豚肉入り土鍋ご飯と牛肉土鍋ご飯を注文。
なお、おかずや、ビールなどの飲み物は、外から持ち込みが可能。

食べ終わって、お店を出るころは店の前に長蛇の列。

肝心の土鍋ゴハンの味は、表現しにくい。
美味しいかといわれると「?」
あの雰囲気で食べると「美味しい」と感じる。

日本でいえば、冬の寒空の下で食べる、屋台のおでんと同じような感じかも。

普通の観光客は行かないようなディープなお店。


追記
日本に戻ってきて、この土鍋ご飯と似たような味を再現できた。香港地元の調味料がポイントだった。

お店を出る頃には行列。蛇行し折り返している。



香港のお店の作法
食器や箸やスプーンをお茶で洗う。

「牡蠣入りオムレツ」
オムレツというよりは、かき揚げに近い。

これはこれで美味しい。
ビールがあるといいかもしれない。

待つこと約10分で土鍋ご飯が登場

豚肉入り土鍋ご飯

牛肉入り土鍋ご飯

お店の外に、新品の土鍋の塊が置いてある。

土鍋はどうも1回の使用の使い捨てらしい。
鍋底に、ご飯が焼き付いているし、あれを毎回洗って落とすよりは、
捨てて、新しいモノを使った方が手間かからないのかもしれない。
江戸時代、日本のめし茶碗も使い捨てのものがあったというから、それと同じ感覚?
参考:江戸時代の安い焼き物・日用食器を総称して「くらわんか手」という。



四季煲仔飯 Four Seasons Pot Rice
香港、鴉打街6號、紅茶館酒店


このブログ内の「香港」関連の記事はこちらから


「香港」関連の記事リスト
All Rights Reserved by Kota MISHIMA note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.