Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


JALマイル修行の新ルート「OKA-SIN-MEL」検討:カンタス航空を活用したマイル修行 | JAL関連 | 2015-07-27

アジア・オセアニアエリアでFLY ON ポイントを効率よく飛べる方法がないかと調べていたら、こんなコースを見つけたので、マイル単価を計算。
今回調べたのは、「日本:沖縄ー東京ーシンガポールーメルボルン」というコース。




[post_ad]

FLY ON ポイントは、
・日本国内線:積算マイル×2
・JAL便の日本発着 中国・香港・アジア・オセアニア線:積算マイル×1.5
・上記以外の国際線:積算マイル×1倍
というルールで計算される。
今年は、上に加え最大400ポイントのボーナスポイントキャンペーンが適用される。

こういうルールがあるので、飛行距離のある、ヨーロッパやアメリカに飛んでも、意外とFOPが稼げなかったりする。

たとえば、

・東京ーシンガポールの片道 では、
 2,884 FLY ON ポイント
 (飛行マイル3,312マイル、FLY ON ポイント:1,656*1.5+400)

・東京ーニューヨークの片道 では、
 3,769 FLY ON ポイント
 (飛行マイル6,737マイル、FLY ON ポイント:3,369*1.0+400)

いずれも、ダイナミックセイバー・エコノミークラス運賃:50%積算と想定

FLY ON ポイントやマイルの獲得のため、いわゆる「マイル修行」のために飛行機にのるでのあれば、「日本国内:2倍」「中国・香港・アジア・オセアニア線:1.5倍」の方が効率がいい。

この「オセアニア線」、つまりオーストラリア・ニュージーランドに行くとしたら、どう行くのがいいか調べてみたら、意外なコースを発見。


日本:沖縄ー東京ーシンガポールーメルボルンの往復
区間マイル16,094マイル
FOP17,321FLY ON ポイント

シンガポールまで飛び、そこからカンタス航空のJALコードシェア便で、メルボルンへ飛ぶというコース。

そういえば、
シンガポールに行って、飛行機の行き先案内板を見ると、日本の空港よりも、いろんな地域から飛んできている。
オーストラリアのカンタス航空も、その一つ。そういうハブ空港を利用すれば、範囲は広がる。
(ただし、JAL便名が付く、コードシェア便があればという前提)

この費用は、
ダイナミックセイバー7で、(行き:タイプF 帰り:タイプF)
¥113,162(税金・燃油特別付加運賃等込み)

単価を計算すると

日本:沖縄ー東京ーシンガポールーメルボルンの往復
区間マイル7.03 円/マイル
FOP6.53円/FLY ON ポイント

OKA-SINが約6.17円/FLY ON ポイントだから、このコースはだいぶいいかもしれない。


11/16追記:訂正


11/16追記:シンガポール経由メルボルン行きの場合、東京-シンガポールまでがFOP1.5倍で、シンガポール-メルボン間は1.0倍で計算される。以前に掲げた、上表は、以下のようになる。FOP部分が変更。


日本:沖縄ー東京ーシンガポールーメルボルンの往復
区間マイル16,094マイル
FOP15,048FLY ON ポイント


単価を計算すると

日本:沖縄ー東京ーシンガポールーメルボルンの往復
区間マイル7.03 円/マイル
FOP7.52円/FLY ON ポイント



このブログ内の「マイル修行」特集ページはこちら↓


マイル修行日記: http://www.8888km.net/p/blog-page_1.html
3ヶ月でノンステータス会員からJGCプレミア会員に達成





All Rights Reserved by Kota MISHIMA note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.