Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


来年(平成27年)4月から「子ども・子育て支援新制度」 | 寄稿文

来年(平成27年)4月から「子ども・子育て支援新制度」というのが開始されるのをご存知ですか?

楽しい時もあれば、苦しい時もある、子育て






これは、以下のような概要で、日本全体での保育支援の強化を図るものです。

  1. 認定こども園、幼稚園、保育所を通じた共通の給付 及び 小規模保育等への給付の創設
  2. 認定こども園制度の改善(幼保連携型認定こども園の改善等)
  3. 地域の実情に応じた子ども・子育て支援
  4. 基礎自治体(市町村)が実施主体
  5. 社会全体による費用負担
  6. 政府の推進体制
  7. 子ども・子育て会議の設置

http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/outline/index.html
※内閣府の発表より


この中で「認定こども園」に関して、熱い期待が寄せられています。
これは「幼稚園と保育所の両方の良さをあわせ持つ」施設です。

保育園の場合、ママまたはパパのどちらかが退職してしまうと、家庭内に保育できる人がいることになり、 保育園も退園となってしまいます。

幼稚園は、教育施設の一環のため、共働き等で子供をあずけるためには、幼稚園の「預かり保育」を利用しなくてはいけません。また、子供が3歳以上からの利用となります。

そこで、「認定こども園」という制度が2006年より開始されました。これは、保育園の持つ保育機能と幼稚園が持つ幼児教育を併せ持ち、親が働いている・いないにかかわらず利用できる施設です。

今回の「子ども・子育て支援新制度」では、その「認定こども園」の拡大を狙った施策を行うとされています。

子育てに奮闘している、ワーキングパパ・ママのみなさんにとっては、一度検討してみてもいい制度ではないでしょうか?

--
2014.11.05掲載

(掲載先)
+++---------------------------------------------------+++

---------------------------+++------------------------------


関連コンテンツ

All Rights Reserved by KoM note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.