Top Ad unit 728 × 90

Pick UP

recent

[広告]


ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界 | 森美術館 | アート | 日々雑感

森美術館で開催されている「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」。
8月16日に2度目の鑑賞。

1度目に見たときと同様、やはり共感が難しい作品が多い。

全体的に「明るい」「希望」「未来」といったメッセージが少なく、
ほとんどの作品から、なんとなく「重たい」「暗い」「社会風刺」といった印象にしか残らなかった。

そもそも、大人が代弁している作品が多いので、「こどもを通して見る世界」というわけではなく、その作家が、独自の世界観に陥っているか、子どもに対する偏った見方になっているか、おそらくそんなのが根底にあるのではないかと思う。

展示作品の中で、気になったものとしては、
・奈良美智
・Tracey Moffat
の2作家。

「奈良美智」の絵は、存在感があった。
すっかり有名だからというわけでなく、この悪魔風女の子の存在感。
この人自身の作風も、苦労の中で、削り込んでいったわけで、
シンプルな状態の方が、訴える力が増すということだろうか。
別の見方をすれば、見る人によって自由な発想ができるということが、訴える力なのかもしれない。

その他としては、前回も行って「いいな」と思った「Tracey Moffat」。
作品の雰囲気が、なんとなく、いい。
少し古ぼけた写真に、シンプルなキャプションという、雑誌LIFEのような構図。
はっきりキレイに写真を撮影・現像するよりも、こういう方が味わいが出てくるんだと思う。
社会風刺的な内容が多いが、もっと別の使い方があるのではないかと思う。

すこしテーマの難しい企画展ではあるが、鑑賞する側としては、クラシカルな美術展より、前衛的で、ある意味で自由に見て、楽しむべき内容と言えるのでは、と感じた。


ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界 | 森美術館


(展覧会内容)
会期:2014年5月31日(土)-8月31日(日)
詳細は 詳細は 森美術館のサイト





関連コンテンツ

All Rights Reserved by KoM note blog © 2014 - 2016
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

Contact Us

名前

メール *

メッセージ *

copyright kota MISHIMA. Powered by Blogger.